メニュー

Blog | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

facebook twitter instagram

ヴェスタショップ

facebooktwitterinstagram049-280-3338無料相談フォーム
owabi 

BLOG

田根剛展 未来の記憶@オペラシティアートギャラリー

作成日:2018年11月19日(月)

現在、オペラシティとギャラリー間で同時開催中の建築家田根剛の展覧会をオペラシティの方を観に行って来ました。
エストニア国立博物館の巨大模型が話題になっているということもあったのですが、実は「記憶の発掘」という部屋の膨大な量の資料が圧倒的でした。

とにかく気になる資料が多すぎて、ここで結構長時間見入ってしまいました。

リサーチに時間をかけることで、チームにおけるアイデアの共有され、アイデアが個人で考えるよりも強いものになるということです。

でも、「これはこうだ」という記号的にならずに不明なことに耐えて議論すること。

具体的な形にすることに安易に流れないことが結果的に強い形になるということにつながっている。

建築家の頭の中の重層的な思考を展覧会にした興味深い展覧会です。
エストニア国立博物館の模型を見て、エストニアという国にも新しく興味を持つことができたこともよかった。

新国立競技場のコンペ案は、模型の内部も見れるようになっていて、もし実現していたらという気持ちにもなりました。

opera 01

展覧会看板:エストニア国立博物館外観

opera 02

「記憶の発掘」という部屋

opera 03

Archaeological Research(考古学的リサーチ)

opera 04

とにかく膨大な資料が展示されている

opera 05

これがエストニア国立博物館の長―い模型。

opera 06

元軍事用滑走路は未来につながる

opera 07

国立競技場案「古墳スタジアム」

opera 08

古墳スタジアム内部から見たところ

イサム・ノグチ展にいってきました

作成日:2018年10月30日(火)

少し前ですが、東京オペラシティギャラリーで開催されていたイサム・ノグチ展にいってきました。
イサム・ノグチは彫刻家としてキャリアをスタートさせ、舞台芸術から最終的に空間芸術に至る20世紀を代表する芸術家です。
その名前からも、日本人の父とアメリカ人の母を持ち二つの祖国を持つことで様々な偏見や差別を受けることになりますが、
グローバルな視点を持つことで彼の芸術が大きく広がったことは確かです。
片方の祖国である日本からインスパイアされ、今でも多くの人に愛されている『AKARI』。
『AKARI』は伝統的な盆提灯から生まれました。『AKARI』は光の彫刻であり、影のない彫刻としてつくられたそうです。
和紙を透かして柔らかい光を放つ『AKARI』はプライベートに所有できる彫刻と言えるのではないでしょうか。

isamunoguchi 01

彫刻から身体・庭へ

isamunoguchi 02

折り紙から発想されたブロンズ作品の「リス」1988年

isamunoguchi 03

美濃和紙による岐阜提灯に魅せられ生まれた『AKARI』

isamunoguchi 04

2mのあかり

isamunoguchi 05

モデルハウスのモダンな和室には欠かせないです

isamunoguchi 06

プリーツスクリーンと一緒にご提案してます

isamunoguchi 07

没後に完成したモエレ沼公園のガラスのピラミッド

isamunoguchi 08

公園全体がひとつの彫刻作品

キャサリン ハムネットのカーテン

作成日:2018年09月18日(火)

ヴェスタショップに展示しております『KATHARIN HAMNETT LONDON』カーテンコレクションのご紹介です。

キャサリン ハムネットはメッセージ性の高いコレクションを発表し、強さと美しさを併せ持つデザインが特徴のファッションデザイナーです。

『KATHARIN HAMNETT LONDON』カーテンコレクションはスミノエからライセンス商品として発売されています。

このカーテンコレクションは、ボタニカルモチーフや幾何学柄モチーフで不思議と[新しさとレトロ感]を感じるデザインになっています。

特にモダンスタイルインテリアやリゾート風インテリアにおすすめです。

カーテンを主役にするインテリアなら『KATHARIN HAMNETT LONDON』カーテンコレクションがおすすめです。

 

kh 01

大柄の花を大胆にデザインした遮光カーテンと同柄レース。

kh 04

バナナリーフにレザーエンボスでヴィンテージ感を表現。

kh 03

シェブロン柄をジャガード織りでレトロ感を表現。

kh 02

ヘリンボーン柄を収縮加工で立体的にした美しいドレープ。

 

 

 

 

気になるドラマのインテリア②

作成日:2018年09月05日(水)

今回は現在火曜日夜に放送中で話題沸騰の綾瀬はるかさん主演のドラマ『義母と娘のブルース』のインテリアに注目してみます。

こちらは一生懸命母親になろうとする元キャリアウーマンの義母と娘の成長を描いたハートフルなドラマですが、
2人が暮らす自宅マンションのリビングはこじんまりとすっきりとした印象がありながらもあたたかい雰囲気が感じられます。

 

家具は木の温かみが感じられるカラーと素材でまとめられ、窓辺はタチカワブラインドの「デュオレ」が採用されています。
こちらは調光ロールスクリーンと呼ばれる商品で、羽根の角度で光をコントロールするブランドとは違い、
厚地と薄地のボーダー生地を前後に2枚重ねて、それをスライドさせることで光や視線の量を調節できます。
素材が布なので、部屋に入る光も柔らかい印象になります。

 

dorama 01

モダンにもナチュラルにも合う調光ロールスクリーン「デュオレ」。

ボーダー柄が目隠しと採光をスマートに両立します。

dorama 02

幅25cmから200cmまで対応している「デュオレスリム」。

小さな窓から大きな窓まで、お使いいただけます。

dorama 03

スタイリッシュなデザインが人気のデュオレスリムは

ヴェスタショップにも展示がごさいます。

是非ショップで実物をお確かめ下さい。

モダンスタイルのプリーツスクリーン

作成日:2018年09月04日(火)

プリーツスクリーンはコンパクトなスタイリングの窓装飾です。

特に和室で障子の代わりとして使うことにより、和室がクールな和モダンなイメージになるため大変人気があります。

しかし、プリーツスクリーンの良さはそのシンプルなデザインなので、和室だけではもったいない。

リビングや寝室の洋室にももちろん合います。

モダンなインテリアに合いますが、蛇腹状のスクリーン生地がハード過ぎない質感なのでナチュラルインテリアや北欧インテリアにも合います。

操作も簡単です。寝室には遮光生地、陽当たりのいい窓には遮熱シースルー生地など生地にもいろいろございますので、

お部屋の用途や条件に合わせてお選びいただけます。

 

pleatsscreen 01

光を取り入れられるツインスタイルのプリーツスクリーン。

pleatsscreen 02

琉球畳の和モダンスタイルな和室にピッタリです。

pleatsscreen 03

プリーツスクリーンはもちろんリビングにもおすすめ。

pleatsscreen 04

北欧インテリアにも馴染むシンプルなスタイル。

pleatsscreen 05

寝室には遮光生地がおすすめ。

pleatsscreen 06

操作も簡単なので、朝起きてすぐに光を取り入れられます。

pleatsscreen 07

和の伝統柄を新しくデザインしたシリーズの『七宝』です。

pleatsscreen 08

北欧インテリアに『千鳥』を合わせたスタイルです。

 

 

 

 

遮光1級カーテンの評価方法が変わりました

作成日:2018年08月21日(火)

ヴェスタ・ショップでも多くのお客様が遮光カーテンにご興味をお持ちです。
遮光カーテンを選ぶ理由は光を遮りたいからということですが、カーテンでどれくらい光を遮れるのか気になるところですね。

 

まずその定義ですが、一般社団法人日本インテリアファブリックス協会が申請しているNIF法による基準です。
これまでの基準では遮光は1~3級となっており、1級が一番遮光性能が高いとされていました。
それぞれの遮光率は3級は99.40%以上、99.80%未満。2級は99.80%以上、99.80%未満。

1級は99.99%以上となっていました。しかし、1級の99.99%でも光を感じることがありました。

(ちなみに「遮光1級」は「人の表情が認識できないレベル」の暗さとされていました。)

 

今回、新しく遮光1級をさらに5段階に分類することで、より消費者が選びやすくなります。

6月25日に発表されたばかりなので、この基準で表記されている商品はまだ少ないのが現状です。
新しい5段階は、A++が一番遮光性能が高いのですが通常のカーテン生地ではほとんどありあせん。

 

ヴェスタ・ショップにA+の展示サンプルがございます。スミノエのU5274、5275です。

生地の遮光性能を気にしすぎて、取り付け後に窓とカーテンのすき間からの光漏れの方が問題になることもあります。

窓の横からの光漏れを抑えるには「リターン縫製」をおすすめしています。

また、上部のカーテンレールからの光漏れにはトップカバー仕様のカーテンレールを取り付けすることをおすすめします。

光漏れを防ぐと冷暖房効率もアップしますよ。

 

■遮光カーテンの遮光評価方法 NIF法(特許 第5437308号)

shakou 1kyu

オーダーならではのスタイルカーテン

作成日:2018年07月23日(月)

オーダーカーテンはお客様にご注文いただいてから1点1点縫製します。

サイズはもちろんですが、スタイルもお客様のご希望に合わせて縫製いたします。

違う生地を切り替えることでオリジナルカーテンにできますし、壁や家具などの他のインテリアエレメントと

色を合わせてトータルコーディネートを楽しむこともできます。気になったら是非ショップでご相談ください。 

border style01

プリント生地と無地を組み合わせたスタイル。プリントに使われているブルーと無地の色を合わせたコーディネート。

border style02

こちらもプリント生地&無地の組み合わせですが、上に無地下にプリント。合わせる色によりイメージも変わります。

border style03

スリムボーダースタイル。壁のブルーとカーテンのピンクを同トーンで合わせ、ディープブルーのラインでアクセント。

border style04

大胆な3色を使ったボーダーですが、淡いトーンでまとめているのでソフトなイメージになっています。

 

 

今年の酷暑を乗り切るには?

作成日:2018年07月20日(金)

今年の夏はとても暑いですね。この暑さ、あと2か月程続くそうです。

暑さ対策として有効と考えられる方法ですが、窓からの日射熱をカットすることです。

遮熱レースもございますが、もし陽当たりが良すぎてとてもお困りというのであれば

是非おすすめしたい商品をご紹介します。その名は『シルバースクリーン』。

外側にアルミを蒸着したスクリーンが日射熱と赤外線を高い反射率で跳ね返し、室内への熱の流入を抑えます。

しかも、メッシュ構造なので外の景色は室内から見えるから視界が確保されて圧迫感はありません。

外からはアルミ反射で見えにくく、反射するから省エネ効果も抜群です。

 

silverscreen3

写真でも、確認いただけるとおもいますが
シルバースクリーンは、メッシュ構造なので
視界が確保できるんです。
池袋オフィスでも、もしバーチカルを閉じて
外が見えなくなると、かなり圧迫感を感じる
のではないかと思うのです。

 

silverscreen4

裏面には、アルミ蒸着加工することで
平均77%も日射を反射しているのです。
さらに、紫外線は95%もカットします。

 

紫外線は皮膚や目にもダメージを与えます。
その紫外線をかなりカットしてくれると
いうのもうれしいですね。

silverscreen2

また、室内から外はよく見えるのですが
外からは、アルミに日射が反射するので
室内が見えにくいです。

蛍光灯の光がかろうじて見える程度。

silverscreen1

シルバースクリーンの良さを実感している
ので、陽当たりが良すぎて困っていると
いう方には特におすすめします。

 

ロールスクリーンやバーチカルブラインド
なら、ランニングコストもかかりません。
冷房効率もアップするから、電気代を
抑えられますよ。

【カーテン豆知識】カーテンレール

作成日:2018年06月29日(金)

『カーテンを新しくしたい』と思った時に、カーテンレールは初めて意識される存在かもしれません。
カーテンレールは大きくのタイプに分けられます。

 

①機能性レール
シンプルでコンパクトな作りで、デザインを主張しないタイプです。カーテンボックス内に取り付けする場合はこのタイプです。
もちろん、普通に取り付けすることも多いです。
機能性レールには、快適にお使いいただくために様々なオプションがございます。

 

functionrail 03

シンプルで豊富なカラーバリエーションと機能性・施工性に優れたカーテンレール。

functionrail 01

カーテンレールの上部に取り付けが可能なカバー〈カバートップ〉は光漏れを抑え、省エネ効果アップを可能にします。

functionrail 02

カーテン開閉時の音が気になる方には、静音ランナー対応レールにすることおすすめします。
一般的なレールよりも音が静かで滑りもスムーズなので使用感も快適です。
カーテンの開閉は毎日のことなので、ストレスフリーはとてもいいと思います。

 

②装飾レール

デザインを見せるタイプです。デザインや素材でいろいろなバリエーションがあります。
装飾レールはカーテン生地やインテリアのスタイル(ナチュラル・シャビーシック・モダンなど)に合わせて選びます。
例えばリネンなどの天然繊維には天然木の木製レールとの素材の相性がいいように思います。
また、レールのカラーはお部屋のフローリングや建具、家具のカラーと合わせることでコーディネートがまとまりやすいです。

装飾レールを合わせるとカーテンもワンランクアップして見えますよ♪

 

designrail 011

麻の一種であるフラックスの茎を原料とした100%自然素材のリネンカーテン。

designrail 01

自然素材のリネンカーテンと相性の良い天然木のカーテンレール〈ノルディ25〉。

designrail 021

イギリスでは夏の華やかなイメージの紫陽花をデザインしたカーテン。シャビーシックなインテリアに似合います。

designrail 02

シャビーシックに合わせるなら天然木をホワイト塗装したモールディング風デザインの〈レガートグラン〉。

designrail 031

コットン混のナチュラルなベース生地にかすれたタッチでペイズリー柄をプリントしたヴィンテージ風なカーテン。

designrail 03

ヴィンテージ風のカーテンにはヴィンテージ風の装飾レール〈クラスト19・アンティークゴールド〉。

designrail 041

トレンドのシェブロン柄×ターコイズカラーのモダンなカーテンはマーガレットハウエルブランド。

designrail 04

モダンなインテリアには少しハードなシルバーメタルの装飾レールがおすすめ〈グレイスフィーノ19〉

多様化する木製ブラインド

作成日:2018年06月27日(水)

木製ブラインドは天然木のスラット(羽根)を使用した木の質感が人気のウィンドウトリートメントです。
スラットのカラーはこれまで木材のブラウン系(明るいライトなベージュ系からブラウン系、ダークブラウン系まで)
が主流でした。しかし、最近ではホワイト系塗装のスラットの人気が高まっています。
それ以外にもトレンドカラーのグレー系がラインナップに加わっています。
また、木目感を出すためにエンボス加工を施したものもあります。

 

木製ブラインドのスラットはその多くがバスウッドという比重が軽くて、加工しやすい木材です。
バスウッドは他にもインテリアではモールドや家具の棚板などにも使われています。

木製ブラインドはカラーバリエーションやデザイン性だけでなく、実はその性能もどんどん進化しています。
通常ブラインドはスラットに開いた穴に昇降コードを通しているのですが、穴があるとそこから光漏れがします。
そのため、木製ブラインドにはラダーテープ仕様があります。ラダーテープがあると穴を隠せるということもありますが
スラットとラダーテープを自由に組み合わせることもできます。
しかし、新しくスラットにコード穴のないタイプというのも可能になりました。
コード穴のないタイプなら光漏れが抑えられるので寝室にもおすすめです。

 

木製ブラインドを使っていると、腰窓などあまり製品の丈が長くない場合はあまり気にならないのですが
テラス窓で、外に出るときの開閉が以外と大変なのです。そんなお困りを解消する新しい機能として、
操作コードを引くと自動的にブラインドが降りてくる自動降下機能付きタイプ選べるようになりました。
テラス窓や複数台取付の場合には絶対におすすめです。

 

woodblind 01

インテリアでトレンドのグレーカラー〈アッシュグレイ〉。スモーキーな感じがおしゃれです。

woodblind 02

新色の落ち着いたグレイッシュなブルーは西海岸の青い海を思わせるカラー〈インディゴウォッシュ〉。

woodblind 03

人気のホワイトカラー〈ホワイトグレイン〉。カフェ風インテリアに合わせるならこちらはいかがでしょう?

woodblind 04

木の質感をより感じるように木目エンボス加工しています。こちらはスラットに穴のないスッキリしたタイプ。

woodblind 05

スラットの穴を隠すという理由の他にアクセントとしてこのように家具とのカラーコーディネートも素敵ですね。

woodblind 06

操作コードを引くと自動的にブラインドが降下する自動降下機能。ワンタッチで降りるので大変便利です。