メニュー

マリメッコ展に行ってきました | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

ヴェスタショップ

049-280-3338無料相談フォーム

BLOG

マリメッコ展に行ってきました

作成日:2017年02月15日(水)

マリメッコはフィンランドを代表する企業です。
スタートは、ヘルシンキの広告代理店でコピーライターとして働いてた男性がプリンテックス社を買収し、

その妻でありデザイナーとしてプリンテックス社で働きだしたアルミ・ティアラという女性が1951年にデザイン会社として

〈マリメッコ社〉を設立しました。60年代には世界的なファッションブランドとして成功します。
マリメッコのその特徴はなんといってもデザインです。

デザインの多くは、フィンランドの伝統的なモチーフや自然が元になっており、それらが大胆でグラフィカルに表現されています。

それらのパターンはシンプルなカッティングによって洋服に仕立てられ、その斬新なスタイルが人気になります。

ひとつのエピソードとして、当時大統領候補の妻ジャクリーン・ケネディがマリメッコの服を購入し、

その姿が雑誌の表紙を飾ったことがきっかけとなり注目されることになります。
マリメッコといえばインテリア業界の人間にしてみると、「コットンに大胆なデザインのプリントファブリック」という認識です。

しかしその歴史をみると、戦後の「新しい時代の、女性による女性のための新しいファッション」であり、

戦後から女性を解放したという意味の大きさも大変興味深いです。
現代までの道のりは企業として決して平坦ではありませんでしたが、今もマリメッコが支持されているその理由は、

若いデザイナーの起用や定番柄のウニッコをリサイズしたり、カラーバリエーションを展開するなど、

可能性を大きく広げたことにあると思います。
展覧会では、ファブリックや洋服、デザイナーの自筆スケッチや資料などさまざまな角度からマリメッコを観れる素晴らしい内容でした。

ちなみにmarimekkoのロゴですが、当初はエージェントやアーティストにロゴ作成を依頼したようですが採用されませんでした。

たまたまアルミさんの近くにあった雑誌に使われていたオリベッティのフォントタイプを気に入って、

そのフォントを使ってロゴを作ったそうです。また、小文字だけを使ったのは、1920年代のバウハウスの影響により

当時流行していたそうです。面白いですね。

 

marimekko 03

marimekko 04

marimekko 01

marimekko 02