メニュー

【カーテン豆知識】メンテナンスについて(その1) | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

ヴェスタショップ

049-280-3338無料相談フォーム

BLOG

【カーテン豆知識】メンテナンスについて(その1)

作成日:2017年05月02日(火)

カーテンメンテナンスとはお手入れ・お洗濯のことです。

よくスタッフで話すのですが、お客様に伺うとカーテンを洗ったことがないという方は意外と多いのです。

 理由はいろいろありますが、

①カーテンはサイズが大きいので洗濯機のサイズが小さいと入らない。
②ウォッシャブル対応生地でない。
③そんなに汚れているように見えない。
④洗って縮んだら困るから。
⑤面倒くさい。

 

洗ったことがある方は大掃除の時に洗うことが多いそうです。

窓を掃除する時にカーテンを外したタイミングでお洗濯するようです。
私は天気が良いカラっと晴れているときを狙って洗濯しています。
では、洗う頻度は実際はどれくらいがいいのでしょうか?
私の場合はレースは年間で2回くらいです。厚手のドレープカーテンは正直2~3年に1度くらいです。

 

ウォッシャブルカーテンの定義は、家庭用洗濯機での丸洗いが可能で、5回洗濯したあとの変化が
規定内(寸法変化率タテ±1%以内、ヨコ±2%以内で変退色4級以上)に納まっているということです。

カーテンはサイズが大きいので収縮率でいうと1%といっても、200㎝の1%は2㎝です。

サイズが大きければ大きいほど、パーセンテージで考えると大きいです。
洋服を洗った場合も素材や洗い方によって縮んでいる可能性はあると思うのですが、
サイズから考えると気になる程ではないから気が付かないのではないでしょうか。

 

ウォッシャブルカーテンの素材はポリエステル100%のものが多いです。

石油系のポリエステルは寸法安定性が高い素材です。
ポリエステル糸で織り上げるため糸が縮むことはあまりありませんが、生地は糸が交差して織物(生地)が出来ていますので
交差している糸が負荷(洗濯)によって動く(糸の間隔が詰まる)ことは考えられます。

 

カーテンをお洗濯する場合は、できるだけ負荷をかけないようにしたいです。

洗濯機なら手洗いモードでネットに入れるようにするといいですね。
また、カーテンを干すときにカーテンレールにかけて干すのがおすすめですが、外でなら陰干しでお願いします。
干す時は、洋服と同じように形を整えていただくときれいに仕上がります。是非お試し下さい。

mente01