メニュー

Blog | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

facebook twitter instagram

 

ヴェスタショップ

facebooktwitterinstagram049-280-3338無料相談フォーム

BLOG

花粉を水に変えるカーテンとは?

作成日:2020年01月28日(火)

新型コロナウィルスの感染が今後どのようになるのか心配な今日この頃。

予防としては、インフルエンザと同様に手洗いうがいやマスクによる予防の対処予防だそうです。

そんな新型コロナウィルスの陰で、着実に近づいてのが花粉症です。

すでに、目やのど、鼻がムズムズしていませんか?私はしています。本当は認めたくなかったですが。

花粉症のみなさん、お知らせですよ。ハイドロ銀チタンのカーテンです。 実は、カーペットも発売されていますよ。

話題の『ハイドロ銀チタン®』とは?

医師の発送で生まれたハイドロ銀チタン®(Hyd[AgTi02])は、タンパク質を分解する触媒素材です。花粉・ハウスダスト・カビ等のタンパク質や、汗・ニオイ・不衛生タンパク質を分解して、水や二酸化炭素等に変えるDR.C医薬独自のクリーン技術です。

haidoro

ハイドロ銀チタン®素材は、カーテン表面に付着した花粉等のタンパク質を吸着・分解して分子レベルの水に変え、繊維上に残すことがないのが特徴です。室内に入り込む花粉をしっかりとキャッチすることで、体内に取り込まれる花粉の量を低減することが可能です。

 

ハイドロ銀チタン®はハウスダストのタンパク質も吸着・分解します。また、不衛生タンパク質にも同様に働きます。分解作用は分子レベルなので、繊維が湿ったり濡れたりすることはありません。1年を通して、クリーンで衛生的な室内環境をサポートします。

 

また、不衛生タンパク質を分解する事でニオイを軽減します。部屋干し臭はもちろん、汗臭さやペット臭など、カーテンに付くニオイを抑えます。

 

もちろん、お洗濯しても効果は持続します。

花粉症の方はもちろんですが、ハウスダストアレルギーでお困り方。また、ニオイに敏感な方にもおすすめです。

【カーテン豆知識】③ライフスタイルや好みのインテリア

作成日:2020年01月27日(月)

今回は[3.ライフスタイルや好みのインテリア]について

窓の面積は以外に大きいので、窓装飾がお部屋の印象に与える影響が大きいのです。

カーテンやその他の窓装飾を選ぶ場合は、取付するお部屋の用途(リビングや寝室、趣味の部屋など)や

使う方(ご夫婦やお子様、ご祖父母様など)にとって良いものをお選びください。

こんなお部屋にしたいというご要望がありましたら、似合う商品を選んでご提案いたします。

 

リビング

リビングルームはご家族がみなさまでお過ごしになることが多いと思います。

また、来客時には応接スペースになるのであればワンランク上のカーテンはいかがでしょう?

最近では、リビングルームでも遮光の商品をご希望のお客様も多くいらっしゃいます。

115 U8119

 人気のナチュラルスタイルのインテリア

190 U8235

 雨戸がない場合には遮光カーテンがいいかもしれません

 

掃き出し窓から外に出るなら

カーテンやバーチカルブラインドを勧めます。上げ下げするタイプはちょっと大変かもしれません。

スタイリッシュだからと木製ブラインドを選ぶと、開ける(上げる)時に意外と面倒くさいです。(実体験)

それでも、面倒くさいといわれても大丈夫なら止めません。閉める(下げる)時は、自動降下仕様(タッチ)をお勧めします。

自動降下仕様とは、軽くコードを引くと下まで勝手に下がる仕様です。操作コードへの負担(摩擦)も少ないのでお勧めです。

win 01

 カーテンなら簡単に開閉できます

win 02

 バーチカルは出入りする側を開閉側に指定すればOK

 

寝室

寝室と言いますが、眠るだけのお部屋ですか?学生さんなら勉強もするし、読書や趣味などいろいろな使い方がありそうです。

お仕事の関係で深夜勤務があったり、窓の近くに外灯があって夜明るいという場合は遮光にした方がよさそうです。

遮光性能だけでなく、光漏れや省エネ効果も欲しいならハニカムスクリーン。

穴がない上に、サーモブロック仕様なら四方からの光漏れも防ぎます(ホテルなどにも採用されています)。

でも、お部屋を使う方が一番気に入ったものがいいですよね。カーテンはインテリアの要です!

176 U8202

 カーテンなら豊富な色柄のある遮光生地から選べます

B12604015j H2015 200

  遮光性能+省エネ効果を兼ね備えたハニカムスクリーン

 

インテリアスタイル

カーテン選びをお手伝いするときは、どんなインテリアスタイルがお好きなのかを伺います。

インテリアスタイルというと大袈裟に聞こえますが、例えばフローリングや建具カラーが明るいカラーか、ダークカラーか?

家具はクラッシックか、モダンか、ナチュラルか?などお好きな雰囲気があると思うのです。

現在では比較的ナチュラルなスタイルが人気ですが、自分の住まいだから好きに考えていいのです。

迷ったらお気軽にお問い合わせください。

097 U8082

 ナチュラルは天然素材風のイメージ。

modern02

 モダンはダークカラーまたはハードな素材のイメージ。

classic02

 トラディショナルなデザインのカーテン。

elegance

 エレガンスな花柄のカーテン。

nordic 05

 大胆なプリントデザインで人気の北欧スタイル。

agianresort

 アジアンリゾート地のホテルインテリア風スタイル。

【カーテン豆知識】②窓の配置

作成日:2020年01月24日(金)

今回は[2.窓の配置]について

窓の配置ってどういうこと?とお思いでしょうか。

窓のサッシがどこに設置されていますか?ということですがそれの何が問題なのでしょうか?

 

1.方角

陽当たりの良すぎる窓、西向きの窓は冬は暖かくていいのですが、反対に夏は強い日差しで暑くなります。

この場合は、夏と冬で違う対応をすることがいいと思います。夏は遮熱効果のある窓装飾に。

winter

 冬至は太陽が低い位置で、部屋の奥まで光が入ります

summer

 夏至は太陽の位置が高く、強い日射を受けます

 

2.窓の配置(室内)

まずは室内での窓の配置高さ。高いところにある「高窓」と床から近い「地窓」

外からの視線や日差しが気にならないなら窓装飾は不要ですが、

何か窓装飾を付けたい場合は、使い勝手や取付できる商品を考慮して選ぶ必要があります。

slitwindow04

 

【高窓】

・高い位置にある窓。横長であることが多い。

・採光しやすく、外から室内が見えないのでプライバシーを守ることができる。

・開閉できる窓の場合は換気できる。

・手が届かない位置にあるため窓装飾を選ぶ場合は開閉や調光する操作用のコードを長くしたり、電動の製品を選ぶ必要があります。

low window

【地窓】

・地面、床に近い低い場所に開けられる窓。

・高窓と同様に採光しやすく、外から室内が見えないのでプライバシーを守ることができる。

・和室に用いられることが多いが、最近では採光したい箇所にも用いられる。

・ピクチャーウィンドウ(外の景色を楽しめる)。

・窓装飾を取付した場合は開閉する時は屈まなければならない。

 

3.窓の配置(室外)

例えば、窓が道路と近くて外から室内が見えてしまうお部屋では、光を取り入れつつ外からの視線を遮りたいという要望が多いです。

ミラーレースは、日中は光を反射することで室内が見えなくなり、外が暗くなって照明で室内が明るくなると見えます。

照明をつけても室内が見えない『ウェーブロン』という商品があります。

no waveron

通常のレースは室内が見えます

waveron

ウェーブロンなら室内は見えにくくなります

 

 

 

【カーテン豆知識】①窓装飾の種類~開閉方向~

作成日:2020年01月22日(水)

窓を飾る方法にはカーテン以外にもいろいろあります。

コーディネーターが考える窓装飾選びのポイントは大きく3つ。

まず、図面から[1.窓のサイズ][2.窓の配置]を確認します。

それらを踏まえて「ご家族がどのような生活スタイル」なのか、また「お部屋の用途」などを伺います。

[3.ライフスタイルや好みのインテリア]

 

今回は[1.窓のサイズ]による特性や使い勝手が向いているウィンドウスタイルの種類を開閉方向に沿って

それぞれの特徴をわかりやすく写真で説明します。

【左右に開閉】

窓がある程度広い引き違い窓や掃き出し窓で出入りが多い場所におすすめです。

win 01

 

カーテン

・手軽に開け閉めできる(=出入りしやすい)。

・生地の種類が豊富(=選択肢が多い)。

・ウォッシャブル素材なら洗濯が可能(=メンテナンスしやすい)。

・掛け替えが簡単(=メンテナンスしやすい)。

※使いやすさ・メンテナンス性・デザイン性で最も優れている

 

 win 02

 

バーチカルブラインド

・モダンなデザイン

・大型のテラス窓におすすめ(=小窓には不向き)

・スラットの角度を変えることで調光ができる

 (バトンで簡単に操作できる)

・開けた時にたたみ代が大きい

※ロールスクリーンと同じ生地でできるものもある

【上下に開閉】

たたみ上げたり、巻き上げたりで開ける時は上部に納まるので、窓をスッキリみせます。

腰高窓や上げ下げ窓・縦に細長い窓や横長窓にもおすすめです。

 win 03

 

シェード類

・生地の種類が豊富。

・下げる(閉める)と生地がフラットになる。

・上げた(開けた)時にたたみ代がある。

・ウォッシャブル素材なら洗濯が可能。

(ただし取り外しには注意が必要)

※どちらかというと、腰窓に向いている。

 win 04

 

ロールスクリーン

・操作が簡単。

・シンプルでスッキリしている。

・上げた(開けた)時にスッキリと納まる。

・ウォッシャブル素材なら洗濯が可能。

(ただし取り外しに注意が必要)

・浴室などで使用できる耐水性製品がある。

・調光ロールスクリーンもある。

※比較的操作が簡単なのでどんな窓にも使いやすい。

 win 05

 

ブラインド類

・スラットの角度を変えるだけで調光できる。

・浴室などで使用できる耐水性製品がある。

・シンプルでスッキリしている。

・アルミ素材、木製素材(木製ブラインド)、竹素材(バンブーブラインド)などがある。

※比較的操作が簡単なのでどんな窓にも使いやすい。

 win 06

 

プリーツスクリーン

・蛇腹状のスタイリッシュなスクリーン。

・上げる(開ける)と比較的コンパクトに納まる。

・上下で生地を変えることができる。

(シースルー生地とプライバシー生地)

・同じ種類のハニカムスクリーンがある(年間を通して省エネ効果が高い)。

※比較的操作が簡単なのでどんな窓にも使いやすい。

【固定】

窓が横方向に広い引き違い窓や掃き出し窓で出入りが多い場所におすすめです。

 win 07

 

スカラップ類センタークロスorクロスオーバー

・開け閉めしない装飾的なスタイルカーテン。

腰窓向き(横長窓)=スカラップ類

・掃き出し窓向き(高さのある窓)=センタークロスorクロスオーバー

※縦横比率による製作可能サイズによる向き不向きがある。

・レース生地が多い。

 win 09

 

カフェカーテン

・完全に遮蔽するのではなく目隠しとして使われます。

※窓だけでなく収納の目隠しなどにも向いています。

・テンションポールで取付の場合は取り外しが簡単。

・ウォッシャブル素材なら洗濯が可能。

・小さなサイズに向いている。

 

窓展:窓をめぐるアートと建築の旅

作成日:2020年01月21日(火)

現在開催中の窓展に行ってきました。東京国立近代美術館は毎週金曜・土曜は20時まで夜間開館していますのでおすすめです。
オーダーカーテンを生業としているものとして、窓は常に対峙しなければならない存在。だが、窓って一体なんだろう?

というベーシックな問いに対する答えの一端に触れられるのではないか?という期待を持ちつつ行ってみました。
まず、美術館の外に建築家の藤本壮介が考える新しい概念の窓をもつ空間を体験できる大型模型の作品《窓に住む家/窓のない家》があります。

2006年に設計された《House N》を踏襲しています。大きな白い箱に空いた大きな四角。

しかし、窓にしては大きすぎる開口。箱の中に入ると、大きすぎる開口なので野外の雰囲気を感じてはいるのですが、

壁があることで不思議な安心感もあるハイブリッドな空間になっています。
この窓展では建築における窓はもちろんですが、アートにおけるモチーフとしての窓は、人と社会との関わりを窓を媒介にして表現されているように思います。
窓は建物ありき。建物の壁に空いたところにあるもの。ガラスがあったり、なかったり。

ガラスは開閉できたり、できなかったり。窓は内と外をつなぐ存在。言葉で表現されつくされている感があります。

これまでいろいろな窓を体験しているにもかかわらず、窓の存在を改めて意識するための展覧会でした。

mado 01

窓展は2月2日まで。

mado 02

夜の窓の家。

mado 03

アンリ・マティス《待つ》

 

mado 04

扇風機の風でよろい戸が開閉する作品。 窓が閉まる「バーン」と大きな音が会場内に響いていまいした。

mado 05

透明度35%×8枚が角度をつけて並ぶリヒターの《8枚のガラス》

mado 06

窓の家のキャプション。昼の様子も見たい。

 

 

 

 

ミナペルホネン『つづく』展@東京都現代美術館

作成日:2020年01月08日(水)

去る昨年11月の話ですが、東京都現代美術館で開催中のミナ ペルホネン『つづく』展に行って来ました。
今回は、展覧会と皆川明さんと田根剛さんのクロストークに行ってきました。

2019年3月にリニューアルオープンした東京都現代美術館で開催中の〈ミナ ペルホネン〉の展覧会です。

いわゆるアパレルメーカーとは一線を画すファッションブランドのミナ ペルホネン。
東京都現代美術館で日本のファッションデザイナーの個人名での展覧会は2000年の三宅一生展以来です。
展覧会の会場構成を担当した建築家の田根剛さんとのトークセッションはなかなか刺激的でした。

ミナペルホネンはテキスタイルからの服作り、形はシンプルでテキスタイルの要素が強いという特徴のブランドです。
インテリア視点からは、デンマークのテキスタイルメーカーのkvadratとのコラボレーションしています。
ミナの定番テキスタイル《tambourine》は展覧会場の1室を丸ごと使う内容の濃い展示でした。
初期のスケッチから、生地の製造工程やデータ、製品などが展示されており
クロストークでも、《tambourine》の刺繍には糸が7mも使われるという話に驚きました。
ミナペルホネンが目指す「大量生産」とは、長く適量を作り続けたいという強い意志表示なのです。
ちなみに、2000年から生産開始した《tambourine》は、現在まで102㎞(2019年11月17日時点)で
東京から箱根までの距離だそうです。すごいですね。

mina 01

リニューアル後の東京都現代美術館

mina 02

テキスタイルで立体的な展示

mina 05

あまりにも有名な《tambourine》

mina 03

時系列ではなく敢えてランダムに展示されている

mina 06

ハギレ“piece,”によるオブジェ

mina 04

いつかは欲しいミナの張地チェア

 

 

 

 

素敵に見せたいインテリア【オフニュートラルカラー】

作成日:2019年12月16日(月)

1年で最も来客が多くなる年末年始の時期、お客様をお招きした時はリビングルームにお通しする場合が多いのではないでしょうか。

そんな時、できれば少しでも素敵なお部屋に見せられたらいいなと思いますよね?でも、ハイセンスなインテリアは難しいと思います。

一番簡単な方法として、お部屋の中にあるものの色数を抑えるという方法があります。理由は色数が多いと雑然とした印象になりがちだからです。

よくベースカラー:70%、アソートカラー25%、アクセントカラー:5%などと言われるのですが難易度が高いです。

壁や床は通常、ごくベーシックな色だと思うのでそれ以外のアイテムの色をどうするかが問題になります。

具体的にはファブリックの色味を淡い『オフニュートラルカラー』にしてみます。

オフニュートラルカラーとは、アイボリーやライトグレーなどのニュートラルカラーです。

リネンのナチュラルなカラーもこの範疇に入ると思います。家具や照明などは木やアイアンなど素材の色や質感を生かしたものを選びます。

そこに小物や絵などをプラスして自分らしさを表現します。その時に、小物などの色は同系色でまとめるとスッキリした印象になります。

もしカーテンが有彩色ならば、カーテンに使われている色と同系色のアイテムを使うのがおすすめです。

097 U8082

素材感のあるチェアとカーテンの組み合わせ

tp23

ベージュのシンプルなカーテンとYチェアの組み合わせ

SC3493 P01

ウォーム系グレイッシュカーテンはスタイリッシュな印象

SC3740 P03

モダンなシャープシェードと存在感のあるレザーソファ

 

 

 

 

2020年のトレンドカラーは「クラシックブルー」

作成日:2019年12月09日(月)

去る12月5日にパントン社より2020年の色として「クラシックブルー」が発表されました。

Header Image

パントン社はクラシックブルーについて、シンプルでエレガントな色であり「夕暮れの空」を連想させると表現します。
このタイムレスなブルーは、安心感を与えつつも思考を刺激し、わたしたちが新しい時代への入り口を超える時に

信頼できる安定した基盤を持ちたいという欲求を浮かび上がらせるということです。
ブルーは空・海を連想させます。また、心理的効果としては鎮静作用があるとされています。

現代は、テクノロジーにより多くの情報に晒されることによる疲弊を多くの人が感じているのではないでしょうか。

そんな現代において、クラシックブルーが人間の精神に穏やかで安定した感覚をもたらすことで、

集中力や思慮深さへと導いてくれるかもしれません。
日本では藍染めによる着物や焼き物に多くみられ、ジャパンブルーといわれることもあります。

日本人にとってブルーは大変身近な色です。近頃、カーテンやインテリアでもブルー系人気を実感します。

blue 04

落ち着いた印象の壁紙。

blue 03

幾何学模様が星空を連想させる。

blue 02

リビングにもブルー系カーテンは人気があります。

blue 01

ショップでも人気のデニムカーテン。

blue 05

こちらは珍しいブルーの木製ブラインド。

blue 06

プリーツスクリーンでもブルーが落ち着きます。

 

 

 

 

軽井沢千住博美術館に行ってきました

作成日:2019年11月13日(水)

2011年に軽井沢にオープンしたこの美術館は、1995年の第46回ヴェネツィアビエンナーレで東洋人として初の名誉賞受賞の日本画家千住博の美術館です。

こちらでは、作家の代表作である「ザ・フォール」だけを存分に鑑賞できる「The Fall room」があり、暗いトンネルを通ってくぐり抜けて向かいます。

トンネルは急なカーブになっているので部屋の入口に立った時に初めて作品が目に飛び込むドラマチックな展開となっております。

現在、千住作品の世界遺産の高野山金剛峰寺に奉納する襖絵が国内を巡回中です。(2020年に奉納されてしまうと、なかなか見ることができなってしまいます)
この美術館はとにかく通常の美術館という概念から遠いです。まず、自然光いっぱいの展示室?展示室という概念も当てはまりません。

美術館は作品を展示するための壁面があるために閉鎖的になりがちという問題が斬新なプランによって解消されています。

とにかく、ガラス面が多くて、とても見通しがいいのです。植物も多くあって、その向こうに作品があります。

そして、床が平らでない。ビー玉を置くと転がる感じです。


この美術館を設計したのは西沢立衛氏。2010年にSANAAとして、建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞しています。

SANAAとして有名な建築にはあの金沢21世紀美術館やニューヨークにあるニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート(新現代美術館)やルーブル美術館の別館になるルーブル・ランスがあります。

SANAAとは別に西沢立衛建築事務所名義の建築では、十和田市現代美術館や豊島美術館、そして軽井沢千住博美術館です。

(美術館を列挙しているのは個人的な関心が強いからで、もちろん他もたくさんあります)

まだ、豊島美術館には訪問していないので是非行きたいと思っています。
館内は撮影禁止なので、カタログの写真を載せます。

 

senjyu01.jpg

蛍光塗料で描かれた『竜神』はブラックライトで違う表情に。

senjyu02

美術館のレイアウト(平面図)がおかしい。

senjyu04

美術館外観:全く見えません。

senjyu03

美術館外観:裏。屋根もこんな感じ。

senjyu05

十和田市現代美術館

senjyu06

美術館内部には光が降り注ぐ解放的な空間(カタログより)

 

 

 

 

人気のカフェ風インテリア

作成日:2019年10月29日(火)

カフェに行くのが好きな人は、コーヒー好きという方も多いと思いますが、実は居心地が良くてリラックスできるからなのではないでしょうか?
『自宅をカフェのようなくつろぎの空間にしたい!』というカフェ風インテリアが人気なのも納得ですね。
そもそもカフェ風ってどんなインテリア?でしょうか。実は曖昧なカフェ風インテリア。今どきの流行りはナチュラルスタイルです。

例えば、家具は存在感のある木製やレザーなどの自然素材に、アイアンなどの異素材でコントラストをつけることで
今どきのカフェ風インテリアになります。窓廻りは、ウッドブラインドや調光ロールスクリーンなど
シンプルなスタイルが思い浮かびますが、カーテンも天然素材風の無地調カーテンは相性がいいですよ。

 

cafeinterior 07

アンティーク調の木製ブラインドは落ち着いた雰囲気

cafeinterior 06

ヴィンテージ加工をした木製ブラインド

cafeinterior 01

調光ロールスクリーンは人気のアイテム

cafeinterior 04

プリーツスクリーンはシャープな印象

Hérisson 06

カーテンは素材感のある無地がおすすめ

cafeinterior 02

シェードとカーテンを合わせるスタイルも素敵