メニュー

Blog | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

 

ヴェスタショップ

ご予約は坂戸ショールームまで 049-280-3338

友だち追加 facebooktwitterinstagram無料相談フォーム

fujiminocrbanner

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

facebook twitter instagram

BLOG

【カーテン豆知識】装飾カーテンレールのトレンド

作成日:2022年04月05日(火)

装飾カーテンレールのトレンド

トーソーとタチカワブラインド2社から、共通店のある新商品の装飾カーテンレール『トーソー:モノ16』『タチカワブラインド:マルティ』が発売になりました。

 

ふたつの共通点は「シンプル」。レールを細くした究極のシンプルデザインです。そして「カラー」。どちらもブラック・ホワイトにプラストレンドのグレー系(ニュアンスには違いがあります)というモノトーン。今はインテリアスタイルもシンプルが好まれる傾向にあり、また海外のインテリア雑誌やネットなどの写真でもこのようなシンプルなレールを見ることが多いです。

 

ブラックはアイアン家具との相性が良く、インダストリアルなインテリアに特におすすめ。ホワイトは壁と馴染みがよく、繊細な素材やライトカラーのカーテン生地によく似合います。グレー系はスモーキーな色彩のカーテンや家具でコーディネートするとトレンド感がアップします。
こんなカーテンレールを探していた!という人も多い新商品です。

designrail 01

『モノ16』ブラックはアイアン使いの家具と合わせやすいです

designrail 02

ダークグレーはブラックよりも柔らかい印象

designrail 03

『マルティ』はブラック・クラウディホワイト・ピュアグレーの3色

designrail 04

オプションで「デザインリング」がプラスできます

#カーテンレール #装飾カーテンレール #トーソー #タチカワブラインド #モノ16 #マルティ #オーダーカーテン #カーテン #シンプルインテリア #インダストリアルインテリア #グレイッシュインテリア

 

 

【窓コラム】調光ロールスクリーンとは?

作成日:2022年04月01日(金)

4月になりました。

今年度から、火曜日にカーテンや窓廻り情報【カーテン豆知識】について、

金曜日に窓やインテリアに関する【窓コラム】を更新予定しています。

本日は1回目【窓コラム】調光ロールスクリーンとは?

 

調光ロールスクリーンってなに?
テレビやSNSなどでボーダー状になっているちょっと変わったロールスクリーンを見ることがありませんか?それは「調光ロールスクリーン」という新しいタイプの商品です。
従来のロールスクリーンは開けるか閉めるかのどちらかになりますが、調光ロールスクリーンは透けている部分と透けない部分がボーダー状に配置されている生地が前後2枚重なっており、生地の重なり具合を調節することで遮蔽・採光が簡単にできるというものです。
一見個性的なデザインに見える調光ロールスクリーンですが、ボーダーの水平ラインのデザインはシンプルなデザインなのでどんなお部屋にも合わせやすいです(和室にも合わせたりします)
ボーダー状スクリーンのシースルー部分を合わせた採光状態の時、室中からは外がよく見えるのですが、外からは室内が思っているよりも見えないのもいいですね。
実はこの調光ロールスクリーン韓国発の商品なので、韓国ドラマでもよく使われています。韓ドラを見るときは、ぜひ後ろの窓辺のインテリアもチェックしてみてください。

B12803 007c 200

落ち着いた雰囲気のネイビーブルー。大人っぽいインテリアに。

TR 4716 H14000417

北欧インテリアに似合うライトブルー

RS 522

小窓にはコンパクトな収まりがスッキリしていい感じです。

IMG 0044

こちらは実際の納品実例。グリーンのアクセントクロスにホワイトの調光ロールスクリーン。外の景色は見えますが、外から室内は意外と見えません。

#調光ロールスクリーン #トーソー #タチカワブラインド #ニチベイ  #ロールスクリーン #カーテン #シンプルインテリア #インダストリアルインテリア #韓ドラインテリア 
#韓国ドラマインテリア

モリスデザイン壁紙+カーテン

作成日:2022年03月24日(木)

LS 62135 2202101 201002 P 01

ドレープLS-62135/レースLS-62140/壁紙ジャスミンLWT-4597

今回はウィリアムモリスの壁紙とカーテンのコーディネートのご紹介。モリスのデザインは日本でも大変人気があります。カーテンや壁紙だけでなく様々な商品が作られています。

今回はリリカラ商品から人気のモリスデザイン壁紙とカーテンとのコーディネート例をご紹介します。最近は柄物壁紙が全般的に人気なのですが、その中でもウィリアムモリスは特に人気があります。

 

カーテンはリリカラの壁紙見本帳Willに掲載されているMorris&Co.の壁紙に合わせたカラーリングで開発したカーテンとのコーディネート例をご紹介します。

 

LS 62129 2202095 201002 P 01

ドレープLS-62129/レースLS-62142/壁紙ウィローバウLWT-4609

モリスデザイン定番の柳をモチーフにしたデザインにライトグレーな中間色のカーテンを合わしました。

LS 62129 2202095 201002 P 02

 

LS 62128 2202094 201002 P 01

ダブルシェードLS-62128/LS-62141/壁紙マリーゴルドLWT-4610

ライトブルーのモノカラーデザインなので飽きのこない壁紙です。アイボリーの生地と合わせると優しいインテリアになります。

LS 62128 2202094 201002 P 02

LS 62137 2202103 201002 P 01

ドレープLS-62137/レースLS62143/壁紙ブラックソーンLWT-4602

ブラックソーンはアールヌーボー的な有機的な曲線で植物を大胆に表現しています。

LS 62137 2202103 201002 P 02

【カーテン豆知識】カーテンのよくある失敗例

作成日:2022年02月15日(火)

カーテン選びについて考える機会はそれほど多くはないと思います。

新築や引っ越し、リフォームなど大きな環境の変化の時、今お使いのカーテンが古くなってしまい新調する場合。割合としてはあまり多くはないのですが模様替えでカーテンを替えるという方もいっらっしゃいます。また、失敗してしまったので買い替えという場合も。

カーテン買うなら失敗は避けたいですよね?

今回はよくあるカーテンの失敗例をご紹介します。

 

 

①採寸を間違えてしまう

⇒カーテンは窓のサイズではなく、カーテンレールに準じます。

まずはカーテンレールをご確認ください。

あとは、ちゃんと測れてたのに記入する時に数字を間違えてしまったなど。

これはツラい。

 

 

②レースが透けすぎて外から見えてしまう。

逆に外が見えなくて圧迫感がある

⇒カーテンを選ぶ時に、そのお部屋でどのように過ごしたいかを想像してみましょう。道路に近い窓で、外からの視線が気になるなら透けにくい生地を。外を眺めたいなら透け感のある生地を。ミラーレースは日が暮れて外が暗くなり、明るい室内が丸見えになるのでお気を付けください。

 

SC8698 P01

程よく外が感じられるくらいの方がいいという場合のレース

 

 

エアコンがあってカーテンレールがつけられない

⇒新築あるある。

まだエアコン取付してなかったから、レール・カーテンが長すぎてしまった。同様に扉やクローゼットにレールが干渉する事例も多いです。

IMG 4827

エアコンは壁から5㎝離して設置するので、エアコンサイズ+5㎝+ゆとり分を考えてカーテンレールの長さを計画しています。

先にレールを付けたら、エアコン設置で取付できないという事態は避けたい。

 

④洗濯機で洗ったら縮んでしまった

購入時に《ウォッシャブル》製品であることをご確認ください。お洗濯の際は洗濯機の手洗いやおしゃれ着洗いモードで。ネットをご使用ください。タンブラー乾燥は厳禁です。お洗濯したらカーテンレールに掛けて形を整えて自然乾燥してください。

 

 

⑤吹抜高所の開閉方法

⇒手が届かない場所ならば操作方法を予め考えておきましょう。電動で操作するならコンセントのご用意を!高所はメンテナンスの方法も考慮してくださいね。

fukinuke

高い所にあるロールスクリーンをチェーン操作すると、

距離があるので強めに引っ張っるので負担がかかります。

高所はコンセントを用意できれはリモコン操作できる電動式をおすすめします。

 

 

⑥最近多いスリット窓

⇒スリット窓とは縦長の窓です。スタイリッシュということで最近多く採用されていますが、何を付けるか付けないか、どう取り付けるか?その場所に合わせた窓装飾を選びましょう。迷ったらプロに相談しましょう。

komado

トーソーの『ビジック小窓』なら10㎝巾から製作可能です。

オーダーカーテン実例のご紹介

作成日:2022年01月24日(月)

今回ご紹介するのはオーダーカーテン実例です。
カーテンを検討中、またはカーテンに興味がある方にリフォーム前、リフォーム後にカーテンを取付したところ。そして家具が入り出来上がったインテリアの写真でご紹介します。

1010

建売住宅をそのままの状態で住うのもいいのですが、今回は壁紙リフォームとカーテンを同時に進行しました。リフォーム前は古材を貼り合わせたデザインの壁紙がアクセントクロスになっていました。他の面はホワイトの壁紙で全体的には明るい色調でした。

LDKで14帖というかなりコンパクトな空間。正面にある窓は腰窓と下にFIXのスリット窓という珍しい窓のレイアウトです。さて、この空間をどうスタイリングしましょうか?

1020

リフォーム後はネイビー&グレーの壁紙に、カーテンレールはアイアン調のブラック、カーテンはグレー&ホワイト切り替えスタイルカーテンです。まず、カーテンレールを窓枠よりも10㎝上に取り付けしました。カーテンの長さは床まで205㎝にすることで縦のラインを長くすることでスッキリとした印象にしています。上部のグレーは30㎝、下部は50㎝です。タッセルの位置が上の窓の下端になるようにしました。
デザインレースが欠品していたので、工事当日はドレープのみの納品になりました。

1030

こちらが最終的な仕上がりの写真になります。
エアコンがカーテンの後に取り付けすることが決まっていましたので、エアコンサイズを考慮してカーテンレールの巾を決定しています。エアコンは壁から5㎝離して取り付けしますので、エアコン巾+5㎝+ゆとり分を計算し、窓枠巾より75㎜両サイドを長くして取り付けしました。エアコン・フロアスタンド・カーテンレールがブラックでアクセントになっています。
デザインレースですが、発売したばかりでしたが人気の輸入商品で入荷を待ちました。ドレープに合わせたグレーの葉脈のようなラインをコード刺繍で表現しています。じつは、このデザインレースを軸にコーディネートを構成しました。ベースの生地も比較的透けすぎない生地です。
さらに、追加情報ですが窓には低放射ガラスフィルムを施工しました。

1040

FEDE RiccoのCROSNEという名前のシアーカーテン

広巾にコード刺繍でまるで葉脈のようなデザイン

窓装飾で寒さ対策

作成日:2022年01月18日(火)

室内で暖まった空気の48%は窓からも逃げてしまうことをご存じでしたか?冬の寒さ対策には窓からの冷気侵入を防ぎ、室内の暖気を外へ逃がさないようにすることです。具体的には、厚手生地をお選びいただくこともおすすめですが、同時にカーテンのしつらえ方も気をつけたいポイントがあります。

curtain00

①窓を大きめに覆う
窓からの冷気の流入を防ぐためには、カーテンで窓を大きめに覆うことが有効です。そのためには、カーテンレールのサイズと取り付け位置が重要です。カーテンレールを取付する場合は、取付場所にゆとりがあるならレール位置は窓枠よりも高めにして、カーテンが窓よりも大きめになるようにします。
レールがすでにある場合は、カーテンの丈を長めにすると、下から流れ込む冷気が抑えられます。掃出し窓なら床までの長さです。腰窓の場合、干渉する家具などがないのであれば丈を長めにすることをおすすめします。

curtain01

②リターン縫製
カーテンの両端と壁の隙間ができないようにカーテン幅を長めにして隙間になる横を壁に対して直角に折った『リターン縫製』。寝室では、光漏れ対策にもなります。

curtain02

③カバートップ
窓からの冷気は、カーテンと窓との隙間から室内に流れてきます。カバートップがあると、上部がしっかり覆えるので上からの冷気を抑えられます。

curtain03

■リビング階段
暖かい空気は上に、冷たい空気は下に流れます。リビング階段がある場合は階段の開口部から空気の流出入があるために冷暖房効率が落ちることがあります。サーキュレーターなどで空気を撹はんする方法もありますが、空気の流れをシャットアウトのであればカーテンやロールスクリーンで間仕切るという方法もあります。

2022年インテリアトレンド傾向は?

作成日:2021年12月24日(金)

近年、《インテリアトレンド》という言葉の意味が代わりつつある傾向を感じています。トレンドが無意味ということではなく、トレンドキーワードがその時代の空気感を表していることも多く、振り返ってみるとその時代を思い出させてくれることがあります。しかしコロナ禍を生きる私たちは、在宅時間が長くなるにつれてインテリアに対する価値観も大きく変わったように思います。これまで以上にインテリアに快適性を求めるようになりました。「快適性」と言っても、その感覚は極めて個人的であり千差万別です。そんな多様性の中から2022年のインテリア傾向のキーワードを、カーテンの写真を使用してご紹介します。

カラーは、ここ数年ネイビーブルーは人気があります。トレンドでは、デザインだけでなく様々な面でレトロブームが起こっています。若い方には新鮮に感じられるようです。2021年はSDGzという言葉を本当によく耳にするようになり、地球のことを考える時間も多くなったように思います。持続可能な社会のために何ができるかを考え、何を選択するかが重要になってきました。リサイクル素材はもちろん、製品を長く使用し続けることも持続可能な社会に近づく方法です。

trend01

海や夜空を連想させる『ネイビーブルー』は鎮静作用もあります

trend02

2022年トレンドはノスタルジックな暖かい雰囲気の『レトロ風』

trend03

『サスティナビリティ』環境に配慮したPET50%以上リサイクル繊維

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2022は「ヴェリー・ペリ」

作成日:2021年12月14日(火)

VeryPeriパントン社は、このほど「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2022」として「ヴェリー・ペリ」(PANTONE 17-3938 Very Peri)を発表しました。

「カラー・オブ・ザ・イヤー」としては初となる新色での選定となりました。

 

「カラー・オブ・ザ・イヤー」は、ファッションや美容、インテリア、社会経済など多彩な領域を調査し翌年のテーマカラーを毎年12月に発表しています。

2022年のテーマとして発表された「ヴェリー・ペリ」は、ブルーの誠実さと、赤の持つエネルギーを兼ね備える淡いブルーみの紫で『最も幸せで暖かいブルー』と提案されています。

この澄んだ淡い紫は、変革の時代に生きる私たちに元気を与え、新たなビジョンに向かっていけるように促すとしています。

紫は日本でも古くから高貴な色とされているカラーです。淡い紫はクリエイティブ精神を刺激し、組合せにより様々に印象がかわる不思議な色で、日本ではエレガントやモダンなインテリアともフィットしてカーテンや壁紙でも人気のカラーとなっています。
「孤立し、張り詰めた時期を経験したことで私たちの考え方や基準は変化し、物理的世界とデジタル世界が新たな形で融合しています。ベリーペリは現代生活のそのフュージョンと、デジタル世界のトレンドカラーがいかに物理的世界で表されているか、またその逆を示すものです」とパントン社はプレスリリースで表現しています。
今回はヴェリー・ペリをイメージしたカーテンや壁紙をご紹介します。

VeryPeri 01落ち着いたカラーの色彩のLDK

VeryPeri 03

ナチュラルが家具とも相性がいい壁紙

VeryPeri 06

個性的なシアーカーテンと合わせて

VeryPeri 02

モダンでありながらリラックスできるカラー

VeryPeri 05

軽やかな質感のパープル

VeryPeri 08

光の加減で優しい印象のアクセントクロス

VeryPeri 07

効果的にアクセントカラーとして使用したスタイル

VeryPeri 04

チェックと無地でカジュアルな空間に

2021年話題のインテリア『Japandi』とは?

作成日:2021年12月10日(金)

コロナ以前よりも在宅時間が長いなり、インテリアがクオリティオブライフに与える影響も大きくなったと思います。

そんな2021年にインテリアのトレンドとして話題になったのが『ジャパンディスタイル』です。

Japandi(ジャパンディ)とは、「Japanese(日本風の)」と「Scandinavian(スカンジナビアン:北欧風の)」を組み合わせた造語で、インテリアスタイルを表す言葉として海外で使われ始めました。

おうち時間が長くなり、心落ち着く空間を求める傾向から今世界的なトレンドとして人気を博しています。

ジャパンディインテリアの特徴は、デザインはシンプルで素材感を感じる家具や内装。

カラーはアースカラーをベースにしたナチュラルな色合いです。具体的な窓廻り&インテリアイメージを選んでみました。

お気に入りはありましたか?

japandi 01①天然素材のカーテンレールにベージュ系のカーテンとロールスクリーン。家具やラグは北欧テイストのデザインです。

japandi 02

2021年もグレイッシュカラーが人気で、色彩は抑えつつもグリーンを配置してリラックスできる空間です。

japandi 03

和のテイストと北欧デザインは親和性が高い理由は、シンプルで素材を活かしたものづくりからきていると思います。

japandi 04

木製ブラインドは本物の木材を使用していますので、木製の家具と色を合わせコーディネートするとしっくりしますね。

japandi 05

バーチカルブラインドはモダンなインテリアに合わせることが多いのですが、グラデーションで合わせるとソフトな感じになります。

japandi 06

ブラインドはシンプルなデザインでどんな窓にも使いやすく、ニュートラルカラーで合わせると空間に違和感なく収まります。

災害時、家の中の被害に使えるカーテン

作成日:2021年09月02日(木)

 

在宅時に地震にあった場合、まず揺れによる家具の転倒防止は備えておきたいことですが、最近特に話題になっているのは窓ガラスが割れたときの被害についてです。
窓ガラスが割れる可能性は、地震の場合は相当強い揺れになると思うのですが、それ以外にも昨今増えているのが台風や竜巻の被害です。

地球温暖化の影響で、日本の気候は熱帯化しているとみなさんも感じているのではないでしょうか。

 

台風による暴風で、何かが飛んできてガラスに当たって割れる可能性も考慮しておくことも必要だと感じることがあります。
ガラスが割れた時、その破片が飛散を防ぐのに有効な方法は窓ガラスにガラスフィルムを貼ることです。

フィルムを貼ることにより、もし割れたとしても破片はフィルムによって飛び散りを抑制します。

しかし、すぐにガラスフィルムを貼るのは難しくと感じるかもしれません。

その場合、厚手カーテンを窓に掛けることで割れたガラスの破片が室内の奥まで飛び込まず、垂直に落ちて破片の範囲を抑えることができます。
台風シーズンに暴風が予想されて、窓にシャッターがないという場合は厚手カーテンを閉めて備えましょう。

 

その他に大きな布があればけが人を運び出す場合の担架代わりにしたり、避難所でプライバシーを保つために間仕切りとしても使えることがあります。
普段の生活から災害時の備えも考えておきたいものです。

saigai