メニュー

二人のアアルト展@世田谷美術館 | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

 

ヴェスタショップ

ご予約は坂戸ショールームまで 049-280-3338

友だち追加 facebooktwitterinstagram無料相談フォーム

fujiminocrbanner

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

facebook twitter instagram

BLOG

二人のアアルト展@世田谷美術館

作成日:2021年06月21日(月)

緊急事態で都内の美術館が休館に追い込まれ、見ることができなかった展覧会もいくつかありました。

6月に入り、人数制限での開館。多くの美術館が予約制を導入しています。

 

今回の展覧会タイトル『アイノとアルヴァ 二人のアアルト』です。

これまでアルヴァ・アアルト展として開催されてきましたが、公私共にパートナーとして協働してきたアイノの仕事の重要性が改めて紹介されています。

ヘルシンキ工科大学で建築を学んだアルノですが、当時は女性が建築家として活動することは容易ではありませんでした。

アアルトの設計事務所でアシスタントとして勤務することになり、のちアルヴァと結婚して様々なプロジェクトに挑みました。

二人の活躍は国際的な広がりを見せます。1939年にはニューヨーク万国博覧会でのフィンランド館のデザインをコンペで賞を獲得しました。

一方で、社会的な意識の高かったアイノは労働者向け住宅や児童福祉施設、病院などの社会福祉に関わる仕事にも熱心に取り組みました。

現在でも世界的な家具メーカーのアルテックの創業に携わったアアルト夫妻ですが、アイノはその初代アートディレクターとして采配を振るいます。

アルテックは創業当時から環境を考慮し、また人が触れる部分には木材を使用するなど機能性と同時に、量産を可能にしたデザインを追求しました。
二人の多岐にわたる仕事の一部でしたが、取り上げたプロジェクを丁寧に見せる展示で興味深い内容でした。

AALTO 01

展覧会場前。今なお愛されるアアルトデザイン

AALTO 05

機能的はモダンハウスでありながら温かみのあるマイレア邸

AALTO 02

アイノによる子供たちのためのデザイン

AALTO 06

設計を担当したMIT学生寮のための家具テキスタイル見本

AALTO 03

ニューヨーク万国博覧会のフィンランドパビリオンの壁

AALTO 04

波型の木版を再現していました