メニュー

【カーテン豆知識】メカの安全性について | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

 

ヴェスタショップ

ご予約は坂戸ショールームまで 049-280-3338

友だち追加 facebooktwitterinstagram無料相談フォーム

fujiminocrbanner

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

facebook twitter instagram

BLOG

【カーテン豆知識】メカの安全性について

作成日:2022年05月23日(月)

ロールスクリーンやシェードの操作チェーンに子供の首が絡まってしまうという事故が過去にあり、

一定の荷重がかかるとチェーンが外れるようにセーフティジョイント(コネクタ)が付けられるなどの改良が進んでいます。
スマートコード式、CSロールスクルーン、ループレスシェードなど、各社メーカーより安全性に配慮した製品が開発されています。

保育園や学校等の施設で多く採用されています。

 

【タチカワブラインド】

tathikawasafety 01

セーフティーチェーン/セーフティーコネクター
操作チェーンに通常操作以上の力が掛かると、ジョイント部が分離する仕組みの部品です。

 

 プルコード式

pull

プルコード・グリップを引いて手を離すと、その場でスクリーンが止まります。上げる時は10~20ミリ下に引いてから手を離すと、自動的に巻き上がります。ループ状でないから安全です。

 

スマートコード式【ニチベイ】

smartcode 01

ニチベイの特許製品。ボトルプルコードを繰り返し下に引くと、引いた分、スクリーンが降下。ボトルプルコードを10~20ミリ下に引くとスクリーンは自動的に上昇します。途中で止めたい場合は、再度ボトルプルコードを引くとそこで停止します。ループ状でないから安全です。

 

 

CSロールスクルーン【サンゲツ】

CSrollscreen

サンゲツのロールスクルーン。

 

ループレス式シェード【トーソー】

H21000005

紐を下に引っ張ると生地が昇降します。紐から手を離すと元の位置まで戻ります。ループ状でないから安全です。

 

#プルコード式 #セーフティジョイント #セーフティコネクタ  #チャイルドセーフティ #ループレス式シェード #タチカワブラインド #ニチベイ #トーソー #サンゲツ #オーダーカーテン専門店 #オーダーカーテン #ヴェスタショップ