メニュー

【カーテン豆知識】ブラインドの『たたみ代』とは? | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

 

ヴェスタショップ

ご予約は坂戸ショールームまで 049-280-3338

友だち追加 facebooktwitterinstagram無料相談フォーム

fujiminocrbanner

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

facebook twitter instagram

BLOG

【カーテン豆知識】ブラインドの『たたみ代』とは?

作成日:2022年05月17日(火)

人気のバーチカルブラインドや木製ブラインドで起こる『たたみ代』問題。

取付する前に予め知っていただきたいたたみ代についてご説明いたします。

 

バーチカルブラインドの場合

巾の広いテラス窓におすすめの左右に開閉するバーチカルブラインド。デザインもシャープでクールなので大変人気があります。バーチカルブラインドは縦型のスラットが並んでいて、角度調整することで採光したり閉じたりしますが、そのスラットを全開した時に発生するのが『たたみ代』です。

vaertical 01

写真はバーチカルブラインドを正面付けにしています。正面付けとは壁に窓よりも大きい製品を取り付けしています。こちらは両開きでスラットが左右に寄せられており、スラットが窓に掛からないように(窓を塞ぐことなく)しています。正面付けは製品のサイズが大きくなりますので、価格が高くなることがあります。巾の広いテラス窓の場合、製品巾が大きいのでスラットの枚数が多くなり、たたみ代巾も大きくなります。カーテンの全開した場合を想像してもらうと分かりやすいと思います。

 

 バーチカルブラインド天井付け

vaertical 03

こちらは天井付けの例です。窓枠内の上部にレールを取り付けしています。枠内に収まるのでスッキリした印象になります。バーチカルブラインドは基本的にスラットの角度調整によって光を取り入れたり閉じたりします。スラットを開けるのは出入りする場合や、窓掃除の時に全開する場合だと思います。全開した場合に、思った以上にスラットが窓に掛かることを知っていれば、納得できると思います。

 

木製ブラインドの場合

wood 04

木製ブラインドも同様にたたみ代があります。写真のように窓枠内に取り付けした場合に全開すると窓に製品が掛かりますので、正面付けを選択することも可能です。

 

#バーチカルブラインド #タテ型ブラインド #木製ブラインド   #ブラインド #タチカワブラインド #ニチベイ #トーソー #オーダーカーテン #オーダーカーテン専門店 #ヴェスタショップ