ナニックの木製ブラインドを展示しました【豆知識】

ヴェスタショップにナニックの木製ブラインドを2 台展示しました。ナニックはウッドブラインドやウッドシャッターなどの木製可動ルーバーに特化したものづくり企業です。製品ラインナップは木製横型 ブラインド木製縦型 ブラインドウッドシャッターです。その中でも最もニーズの高い木製横型ブラインドを2タイプ展示しました。

木製横型ブラインド展示品詳細

プレミアムシリーズの充電バッテーリー式

スラット色:37(アルジイル)/535(クランベリー)/528(インディゴ)
部品色:ブロンズ スラット巾63㎜

プレミアムシリーズは多様なデザインテイストに対応できる標準73色が用意されています。独特の光沢を抑えたサテン仕上げで、木肌の質感を生かした深みのある仕上げが特長です。スラットカラーは展示用なので色見本として3色を採用しています。プレミアムシリーズは国内で発注ごとに塗装されています木目を活かした塗装をご覧いただけます。

充電式ということで、コンセントがない設置場所であっても電動が可能です。
一度のフル充電で約100回程度の開閉が可能ということです。
スラット巾が63㎜です。
通常の50㎜と比較すると、スラットを並行にしたときのスラットの距離が開くので抜け感が感じられます。
RFリモコンなので、赤外線リモコンよりも障害物(カーテンボックス)があっても操作が可能です。

② ライトシリーズ

スラット色:060(パティ)/061(グレージュ)/064(アイアン)
部品色:アイボリー

ライトシリーズは、価格を抑えたエコノミーシリーズで桐の無垢材です。スラットの幅は50と60㎜の2種類仕上げ色は12色(幅63㎜は8色)です。スラット幅50㎜ブラインドにはオプションでクロステープ(9色)を付ける事ができます。スラット幅63㎜は50㎜に比べ、羽根の間隔が大きく、より視野の抜け感(広がり)が得られ、又たたみ上げた時のたたみ代が小さくなります。

ナニック木製ブラインドの特徴

メリット

  • スラットの穴が小さいので、目立ちにくい&コードがぶれにくい
  • ラダーコードが交互に組まれているので、スラットの横ずれが少ない。

デメリット

  • ヘッドレールとコードが3色(ホワイト・アイボリー・ブロンズ)しかない。
  • スラットカラーによっては違和感を感じることがあります。
  • ライトシリーズ展示は060(パティ)に部品色アイボリーを合わせていますがヘッドレールが気になります。
  • 正面付けの場合は注意が必要になります。